広がる葬儀スタイルに家族葬

家族構成の変化から葬儀スタイル多くのプランが登場しており、核家族化が進む日本では家族葬のプランを利用する人が増えてきました。一般の葬儀スタイルよりもよりコンパクトに弔問客を省くなどして、遺族の心身の負担を緩和する他、故人と遺族との時間を十分に取れるとして人気があります。費用においても一般的な葬式が200万円前後に対して、家族葬の場合は弔問客の応対も最小限である事などもあり、30万円から100万円程度になります。無駄なオプションを省いてシンプルに行う葬式スタイルはこれからも需要があるとされています。

増えている家族葬でのお別れ

葬儀のスタイルは多様化しています。従来スタンダードであった弔問客を大勢迎えるお葬式の他に、故人の方や遺族の希望でいろいろな形でのお見送りを選ぶ方が増えています。家族葬はそのひとつです。家族葬というのは親族や故人とごく近い関係にあった方だけでの行う葬儀です。身内だけでゆっくりと最後の時間を過ごすことができますし、弔問客の対応に追われることがないので喪主の方が高齢といった場合にも負担が少ないスタイルです。また、生花葬や音楽葬など故人や家族の意向でお葬式の形を決めやすいのも家族だけのお葬式の特徴です。

葬儀に有益な情報

新着情報

↑PAGE TOP